居抜き物件の上手な活用方法とは

居抜き物件は、以前までの主流であったスケルトン状態とは違います。スケルトン状態と呼ばれるのは、賃貸契約書などによく出てくる原状回復と呼ばれる元に戻した状態となるため、コンクリートの打ちっぱなしの何もない状態のことです。近年増えている居抜き物件は、なにかしらの前の店の設備などが残っている状態のことです。壁や床、天井などが残っているところから厨房設備一式が残っているところまで様々あり、選び方によっては、すぐに開店できるところまであります。似たコンセプトの業種であれば、改装費や金銭面でも大幅な節約が可能になります。初期投資を抑えることが可能であり、前の店にとっても解体費用や解体期間の賃料を抑えることが可能になるため、双方にメリットがあります。

内見内覧会で店舗をチェックできる

居抜き物件であれば、じっくりと店舗内装を見ることができます。同じ業種の店舗を見るには、飲食費などの費用がかかることになり、開業資金を貯めている状態では出費がかさんでいきます。お店の評判だけであれば、インターネットでも確認することが可能ですが、内見であれば、内装をじっくり見ることができます。また、客として訪れた場合、客席やトイレの雰囲気などはチェックすることが可能ですが、客の立場では見ることができない厨房やストック倉庫などを見ることができます。厨房などは、内装を考える際に難しい場所でもあるため、内見ではしっかりとチェックしておくことです。前の店も経営不振から辞める以外にも体調不良や拡張移転などで閉店することもあります。客としてだけでは分からない部分を知ることができます。

店舗の内装費用の節約が可能になる

スケルトン状態よりも居抜き物件のほうが内装費用の節約が可能になることはメリットです。スケルトン状態から店舗内装を作った場合、最初から作ることになるため、それなりの金額が必要になります。残っている内装などがイメージにあうところを見るけることができれば、その分だけ費用を節約することが可能です。特に、厨房機器などがある程度使うことができるところを選ぶようにすることで、内装費で余った分を運転資金へとまわすことができます。借り入れを行う場合には、借りる金額が少なくてすみます。ただし、保証はないため、引き継いですぐに壊れてしまうことがあること、自分の業態で使わないものが多い場合には解体費や廃棄量などの金銭的負担がかかることなどデメリットがある場合があります。

オフィス移転時のコストが大幅に減って企業様も大満足間違いなし。 9:00から18:00までの間、お電話受付中! お気軽にご相談ください! オフィスについてのお役立ち情報満載のコラムも随時掲載中! 居抜きオフィスをご希望の企業様が入居と退去のサイクルを作りご利用の皆様が得をする! お問い合わせフォームから、情報の都合でサイトでは公開できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせを。 居抜きの物件はコスパが良い!