失敗しない居抜き物件の選び方とは

事業を始めるにあたり初期費用が心配であれば、居抜き物件を選ぶのがベストです。通常のスペースを借りる場合だとスケルトン状態ですから、一から設備を整える必要があります。自由さがある反面、費用がかかってしまうのがネックとなります。将来的に成功するのかまだわからない状態であれば、既にある程度の設備が整っているスペースを借りて、初期費用を抑えつつ、事業を始めるのが賢いやり方だといえるでしょう。しかし、スケルトンと違って自由度が低くなりますので、本当に使いやすいスペースとして利用できるのか、実際に使ってみないとわからない部分があります。お客さんがたくさん集まってくれるかも未知数です。失敗を防ぐには契約前の段階が重要となってきますので、対象の調査を疎かにしないでください。

安さだけで飛びつかないのが大切

居抜き物件に限らず、不動産選びで基本となる考え方です。決して安いものではありませんので、少しでも安いスペースを見つけられるとつい飛びついてしまいがちですが、安さだけで飛びつくのは失敗の原因になります。以前も店舗として使われていたスペースですので、あまりにも安いスペースには裏がある可能性があります。気になるスペースを見つけたならまずは内見して、スペースの特徴をじっくりと確認しましょう。設備の調査も重要です。使いやすい設備であるか、事業内容に耐えられる程の機能を持っているかなどチェックします。周辺環境を調べることも大切です。お客さんが集まりやすい立地であるのか、しっかりと確かめるようにします。交通の利便性や事業内容にマッチした環境なのかなど、調べつくしましょう。

賃料の支払いや接客に余裕がもてるスペースを選ぶこと

初期費用が安く抑えられるのが居抜き物件のメリットです。費用がかからない分だけ駅に近く、スペースの広いといった条件の良さそうな店舗を選んでしまう人もいるでしょうが、必ずしも好条件が全ての事業に当てはまるとは限りません。立地が良くて広いスペースを借りてしまうと、比例して賃料が高くなる傾向が強くなります。賃料を毎月継続して支払えるだけの蓄えがあるのか、よく考えておきましょう。最初から事業が成功するとは限りません。軌道に乗るまでしばらく時間がかかることを想定し、予算を組むことが大切です。飲食店などの接客業の場合、広いスペースを借りて座席を多く用意すると、たくさんのお客さんに対応できなくなる心配があります。アルバイトを雇える余裕がなければ、狭いスペースで始めることを検討するのが良いといえます。