居抜き物件店舗の成功例と失敗例

もしあなたが資金力に余裕の無い状況で飲食店やその他ショップ等の開業を考えているとしたら、居抜き物件というのはとても魅力的に感じると思います。居抜きとは前のテナントの内装・設備・什器備品が残されたままの状態で、それを利用できる不動産の事です。もちろんそれらの物にも所有者がいるので別に借賃を払うなり、買取を行う必要があるのですが、新しく物をそろえるよりはコスト的に有利になる事が多いです。開業コストを抑えることが出来れば銀行借り入れが減らせますし、固定費が圧縮されるので損益分岐点が下がり、経営に余裕が出来ます。そして開業時に一番苦労するキャッシュフローに余裕が持てます。そういった意味でメリットが多く誠に魅力的なのですが、当然のことながらデメリットもあります。

経費削減、開店準備期間短縮などの効果が期待できる

ちなみに居抜き物件と対になるものとしては、内装設備が全く無い状態のものでスケルトン物件と呼ばれます。居抜き物件の最大のメリットとしては前述したとおり開業コストが抑制できるというもので、開業当初の資金が無い状態においてはその効用は計り知れません。次のメリットとしては、前の店の造作が一通りそろっているので新しく設備の購入を検討したり、内装をあれこれ悩んだり、備品等の選択に迷ったりする手間が省かれ開業準備期間が大幅に短縮することが可能です。さらに前に営業していたショップ・店舗に知名度やあり顧客のロイヤリティが残っていた場合、うまく立ち回ればそれらを引継ぐ事が出来るというメリットが期待できます。このように多くのメリットが期待できる反面、デメリットもあります。

思わぬ追加コストの発生が出る可能性あり

先ず第1のデメリットは引き継ぐ内装・設備・什器備品の状況によっては当初期待していたようなコスト削減効果が得られないという事があります。引き継ぐものは中古品なのでそのコンディションは使ってみないとわからないものがあります。場合によっては思わぬ追加費用が発生する可能性があります。第2のデメリットとしては、もしあなたが開店するにあたり自分の店舗設計プランをしっかりと持っていた場合、それが思い通りに組み立てられないというケースが出てきます。これはあなたが取り扱う商品・サービスによってはどうしても妥協できない部分となりますので慎重に検討する必要があります。そして第3のデメリットとしては場合によっては前に閉店した店舗・ショップの悪いイメージを図らずしも引き継いでしまうかもしれないという事です。このようにメリット・デメリット混在していますので慎重にご検討ください。